电话:023-81625991

重庆江户日语

重庆日语金牌培训

服务热线

023-81625991

キム委員長「非核化」強調 中国との連携強化も 中国外務省

【字体: 打印
发布时间:2018-05-04 浏览:621次

北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長は、中国の王毅外相との会談で、朝鮮半島の非核化に向けた姿勢をアピールするとともに、米朝首脳会談を控え、後ろ盾である中国との連携強化を進めています。

中国で副首相級の国務委員を兼ねる王毅外相は、3日夜、チャーター機で訪問先の北朝鮮から北京の空港に戻りました。
王外相は、2日間のピョンヤン滞在中、リ・ヨンホ外相に続いて、3日はキム・ジョンウン朝鮮労働党委員長と会談し、国営の中国中央テレビは、キム委員長が王外相とテーブルを挟んで言葉を交わす様子や、両者がほおを寄せ合って抱擁する映像を放送しました。
中国外務省によりますと、会談でキム委員長は「朝鮮半島の非核化の実現は揺るぎない立場だ」と述べたということです。
一方で、米朝首脳会談を念頭に「対話の再開を通じて互いの信頼を構築し、朝鮮半島の平和を脅かす原因を取り除きたい」としています。
これに対して王外相は「北朝鮮が非核化のプロセスを推進するなかで、正当な安全上の懸念を払拭(ふっしょく)することを支持する」と述べ、北朝鮮の立場を重視する姿勢を示しました。
キム委員長は会談で「中国と戦略的な意思疎通を強化していきたい」とも述べていて、米朝首脳会談を控え、体制の保証に向けて後ろ盾である中国との連携強化を進めています。

(NHKニュース)